翻訳練習帳:新発売!

2020年5月6日より、翻訳練習帳(英文和訳、和文英訳)をお届けしております。

この練習帳は、T Quest Brain Partnerが独自に編纂した、翻訳者(特にメディカル翻訳)を目指す方に向けての、翻訳技術力アップのための教材です。

2020年6月に第2弾としまして、メディカル翻訳練習帳Ⅱ:<接続詞(and、or)を訳す際の基本を習得> を発表いたします。

接続詞(and、orなど)が出てこない英文などまずあり得ませんが、それだけに、メディカル翻訳で多いミス(誤訳)は接続詞に関連したものです。

「and=及び」 と一辺倒に訳していませんか?andは時として「又は」になったり、orは時として「並びに」になったりするのです。何故、どういう時にその様なことが起こるのかを、メディカル翻訳練習帳Ⅱ:<接続詞(and、or)を訳す際の基本を習得>で学んでください。

*  *  *  *  *  *  *

<<関連商品>>

2020年5月に第1弾としまして、メディカル翻訳練習帳Ⅰ:<英文和訳の際の基本ステップを習得> を発表いたしました。ここでは「英文和訳の際の基本ステップ」を習得して頂きます。

翻訳者を目指している方の多くが抱えている問題として・・・

  • 翻訳原文を読めば、何が書かれているかのイメージはそれなりに掴めるのですが、そのイメージを日本文(翻訳文)として表現するのがとても難しい。

と言うことがあります。これまでの翻訳に関する教本やテキスト、講座の多くは原文に何が書かれているか?を掴むこと(いわゆる英文解釈)に焦点が当てられていて、掴んだそのイメージを如何に自然な日本文(翻訳文)として表現するかについては殆ど触れられていませんでした。

私たちの翻訳練習帳は、いわゆる英文解釈の練習もさることながら、その解釈(イメージ)を自然な和文として表現する練習にウエイトを置いております。

今後も定期的に続編を発表していきますので、是非ともご活用ください。